尾張矯正歯科

子どもの矯正

子どもの時に、綺麗な歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から定期的に矯正医により診てもらって、適切な時期に矯正により綺麗な歯並びにすることにとても大きな価値があります。
あごの成長が途中の子どものころに、矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールしながら、綺麗な歯並びに持っていくことが可能になり、また抜歯する可能性がかなり低くなるなどの長所があります。
逆にあごが成長する子供の頃に、悪い歯並びや指しゃぶりなどの悪習癖を放っておくと、あごの発育が正常に行われず、全体のバランスが悪くなり、顔や顎の形などに影響が出ることがあります。
上のあごうより下のあごが前に出てくることによって起こる受け口は、乳歯がまだ残っている早い時期から治療されると効果が大きいです。

早い子供の時期に矯正治療を始めると、あごの成長を適切に誘導しながら上下、全体のバランスを取って、矯正治療を進めていくことができるので、永久歯が生えるときにバランスのいい正しい噛み合わせに持っていくことが出来る可能性が高くなります。
矯正治療はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?

お子さんの歯並びが悪い場合に、矯正治療をしたほうがいいと以前健診で言われたけど、矯正治療はいつぐらいから始めたらいいのだろうと悩まれることをよく聞きますが、おおよその目安となる最適な年齢は6、7歳くらいが多いかと思います。
歯並びをよくして矯正治療することそのものは何歳からでもできますが、出来るだけ歯を抜かずに、顎の成長に合わせて矯正治療をしようとするのであれば、6、7歳がベストと思います。
歯がデコボコ(八重歯)の場合は大人になってからでも十分矯正歯科治療できますが、どうしても抜歯が伴うことが多い。上下の顎の関係が悪い(出っ歯や受け口など)ような不正咬合では、顎の骨が成長している時期から矯正治療したほうが、良好な結果になることが多いです。大人になってからだと外科の手術を伴う外科矯正が必要なことが多いのです。
治療時期の正確な判断は矯正歯科専門医でないと分からないことが多いため、早めに相談だけでもしておくことが大切です。いろいろなことを考慮すると、6、7歳頃と早いうちから始めることが適切なことが多いです
子供の矯正治療は、
小児矯正(Ⅰ期治療)と本格矯正(成人矯正、Ⅱ期治療)に分かれます。
小児矯正
約6歳~小学校低学年

乳歯と永久歯が混在して生えている混合歯列期、いわゆる大人の歯に生え変わる時期の矯正です。
約6歳~小学校低学年が目安です。上下や左右、そして全体の顎の骨のバランスや大きさを整えて、あごを横方向に拡大することによって、永久歯がきちんと生えるスペースを確保することが目的の治療で、取り外し式が一般的です。早めに対応することで、本格矯正(Ⅱ期治療・永久歯での矯正期間)が短縮でき、後戻りも少なくなる等、メリットも多くあり、子ども本人の負担も軽く済み、安心です。
本格矯正
小学校高学年以降

小学校高学年以降で、永久歯がある程度、生えそろった歯並びになってからの子ども以降が対象です。永久歯が生えそろい、顎の成長が終わってからブラケットと呼ばれる、大人の矯正と同じような感じで、綺麗に並べて、整えてかみ合わせも良くしていきます。

子どもの矯正治療の6つのメリット

バランスのいい綺麗な歯並びになる

歯の大きさが極端に大きく、いずれ抜歯が必要となるケースであっても、子供の時期であればあごの成長をバランスよくコントロールできるので、歯並びが悪くても矯正によりバランスよく綺麗に仕上がります。

矯正時の痛みが少ない

矯正というと痛いというイメージがあり大人の矯正はある程度痛みをともなくことが多いのですが、子供の時期の矯正治療であれば、痛みが少なく、ほとんど嫌がらない子も多くいます。

顎をいい状態に持っていくことができる

あごの成長期において、かみ合わせが悪い状態を放置すると、将来あごの変形、ずれを悪化させ大変な状態になることがあります。それを顎の成長に合わせて適切なバランスのいい状態に改善させることが出来ます。

外科矯正をしなくて済む

歯の生え変わりの時期に、受け口や出っ歯になっている場合、そのまま放置すると、顎の上下関係が悪いまま成長してしまいます。そして成長が止まる頃には顎のずれが大きくなり上下の関係が悪くなり、改善するには顎の手術を併用したいわゆる外科矯正治療が必要となることがあります。
しかし、子供の頃であれば、事前に、顎の成長をコントロールし、かみ合わせを治す事により、バランスのとれた顎の成長を誘導でき、手術の必要性がほとんどなくなります。

抜歯をしなくて済むことが多い

狭かったあごを横方向に広げたりしてあごの成長を正しい形にコントロールたりする事で、後継永久歯の生えるべくスペースを確保することによって、抜歯の可能性を大きく減らす事ができます。例えば永久歯が生えそろった後に矯正治療をする場合、一般的には2から4本の永久歯を抜歯する必要がある場合が多いのですが、小児期から矯正治療を行う事により、抜歯をしなくてもいい確率が高くなります。

コンプレックスがなくなる

早めに目立つ部分の歯並びを改善する事によって、学校でからかわれたり、いじめられたりする事が少なくなったりします。また、歯のコンプレックスがなくなることで、笑顔を取り戻せたりして、明るい性格になったりしたかたも見えます。

子どもの矯正治療の3つのデメリット

1期と2期を合わせた、トータルでは、矯正治療にかかる期間は長くなる傾向にある

子供の矯正治療は、ほとんどの場合、あごの骨の成長が終わるまで経過を観察する必要があるため、全体的な矯正期間が長くなることが多いです。

親御さんの協力が必要です

こどもの矯正に使用する装置は、その多くが取り外しができ、家庭で患者さん本人に装着してもらうタイプですので親御さん、お子さん本人の双方が矯正治療に協力的でない場合には、良い治療結果が出にくくなります。
矯正装置を付けると、汚れが付きやすくなるため、家庭でのしっかりとした仕上げ磨きが重要となります。

きちんとした歯磨きの習慣が必要となります

矯正中はデコボコした装置をつけるため、磨き残しがでることが多く、虫歯になりやすくなります。注意深く、歯磨きを丁寧に行う必要があります。
先日ある30代の女性の方が矯正相談に来られたのです。
ふと疑問に感じました。なぜ来られたのかなと。
その女性は、とてもきれいな歯並びをされていたのです。
最初は意味が分からなく惑いました。
しかしいろいろ話しているうちに判ってきました。
その方が相談に来られたのは、
御自分の娘さんの歯並びを治してあげたいとのこと。小学生のころから、自分の歯並びが悪いことがコンプレックスで人前ではつい口元を隠したりして、笑顔でいられなかった。
その頃は、内向的で人と話すことに苦手意識をもっていた。
そんな自分が嫌で、大学生の頃、東京にいた時に矯正治療を行い、それから自分の笑顔に自信を持てるようになった。友達からも性格が明るくなったねと言われたとのこと。
今の自分があるのも、きっかけは、歯並びが綺麗になって自分に自信を持てるようになったからだと。私自身が、歯並びが良くなって、人生が変わったから、娘にも矯正治療をしてあげたいとのこと。あなたの大切なお子さんの将来のために、一緒に考えてみませんか?
このままだと将来どうなるのか?どういう方法があるのか?一度ご相談ください。